ペットとの至福の時間

ペットと一緒に寝ている飼い主さんも多いと思うんですけど、

ちょっと耳の痛い話ですね。長年、犬や猫と寝食を共にしていた中国・湖北省出身の少女・周さん(21才)が寄生虫に感染して足の骨を食われてしまい自力で歩行ができなくなってしまったそうなんです。

周さんに寄生していたのはエキノコックスという寄生虫だそうで、主に犬科の動物を媒介として人間やブタなどに寄生するものらしいです。人間が感染した場合肝機能障害を起こすことが多いということですが、今回のようにまれに骨に転移することもあるそう。

a1290_000031

中国が衛生的にアレだからじゃないの?と思われると思いますが、感染例は日本にもあるのだとか・・・。

エキノコックスは感染してから自覚症状が出るまで10年以上かかることもあるようで子どもの頃、ペットや野生動物、またはそのフンなどから感染し、大人になって発症するケースが多いそうです。ペットと過度な接触は避けないといけませんね。